カワハギ/ヒラメ

■カワハギ

一年中食べられますが、一番美味しいのは身が太る秋から冬です。味はふぐにも似て、淡泊で上品。また、肝は絶品で食通から愛されていますね。

選び方は皮がザラザラしているもの。カワハギの名は皮が固くはいでから調理するところから名付けられたようです。
そしてサイズは大きなものが美味しい。20センチ以上のものがいいようですよ。

食べ方はいろいろありますが、フグのように薄造りにして、ポン酢などで食べるとおいしいですね。タレの中に肝をつぶして入れるとさらにおいしくなりますよ。もちろん煮付けなども美味。生姜を入れて醤油、砂糖、みりんなどで味をつけてください。もちろん肝も忘れずに(^^

■ヒラメ

秋から冬がヒラメの旬で、脂がのってうまくなる季節ですね。
よくヒラメと間違えられるのがカレイ。見分け方は簡単です。黒い方を上にして、顔が右にくるのがカレイ、左にくるのがヒラメです(例外もあります)。それに顔つきもヒラメは何やら凶暴な感じで鋭い歯が生えていますよね。

値段の高いのはヒラメのほうです。カレイは全国どこででもとれますが、ヒラメはそうはいかず、主な産地は銚子沖、津軽海峡、三陸沖、長崎近海といったところです。

カレイが煮付けや唐揚げにされるのが多いのに比べ、旨みが強いヒラメは新鮮なら刺身で食べたいものですね。フグのように薄造りにしてポン酢かわさび醤油でいただきます。

そして食通がよく食べるのが縁側(鰭の部分)。コリコリとした食感で脂ものって非常においしいですよね。そしてコラーゲンも多く含まれているので、美容にもいいかもしれません。
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。